原付の廃車手続き

原付の廃車手続きは意外と簡単です。

 

ナンバープレートと標識交付証明書(いわゆる「書類」というやつです)、それに認印があれば最寄りの役場で廃車申告をするだけです。

 

書類が無いときどうすればいいのか

ただ、よくあることですが書類がないということが多くて困る人がいるのです。

 

原付は手軽に乗れるのでずっと昔にナンバーをとっていて、その時に書類ももらっているはずなんだけど、昔のことなのでどこにあるのかわからないっていう場合です。

 

原付を廃車しようと思ったら書類がどこかに紛れ込んでしまっていて見つからなくて困ってしまうというパターンです。

 

役所に相談

書類がないと役所仕事ですからいろいろと不便なことになります。

 

でも最近はフレームの打刻をすりとってもっていくとそれで原付の廃車手続きができたりすることがあるようです。

 

石ずりでもOK

これを「石ずり」といいます。

 

紙を当てて上から鉛筆などでこすると魚拓みたいに打刻番号をとる方法です。

 

ナンバープレートがあるのなら登録されている市区町村が書いてありますから、その役場の総合窓口に電話してみましょう。

 

書類がないときの原付の廃車のやり方をていねいに教えてもらえるはずです。

 

まとめ

@書類がなくても役所に相談。
A石ずりなどで対応可能。
B登録した市区町村の役所に相談。