原付とは

「原付(げんつき)」とは、原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ)の略で、「排気量50cc以下の2輪車および3輪車、あるいは20cc以下の4輪車」のことです。

 

そのため「原付」のことを「原チャリ」「ミニバイク」「50(ごじゅう)」と呼ぶ人もいます。

 

道路運送車両法では125cc以下の車両が原動機付自転車とされていますが、一般に原付と呼ばれているのは上記の道路交通法でいう原付のことを指します。

 

125cc以下のバイクも含めて原付は市区町村で登録されているので、廃車の手続きもナンバープレートに表示されている市区町村の役場の窓口で行います。

 

原付の廃車手続きは、陸運事務所や軽自動車協会ではなく、もよりの役場になるということに注意してください。

 

原付の廃車の手続きは非常に簡単で、費用も数百円で自分で手続きができます。

 

原付一種

道路交通法では、排気量50cc(定格出力600ワット)以下の2輪車、「内閣総理大臣が指定する」50cc(600ワット)以下の3輪車、あるいは20cc(250ワット)以下の4輪以上のものを原動機付自転車とすると規定されています。

 

原付二種

これに対して、道路運送車両法では、125cc(1000ワット)以下の2輪の車両が原動機付自転車とされています。

 

このように「原付(げんつき)」とは、排気量によって法律上区分されているわけですが、ナンバープレートの色や大きさ、そして書かれている文字の色などで簡単に見分けがつくようになっています。

 

一般に「原付」と呼ばれているのは、上記の道路交通法でいう原付のことを指します。

 

このため「原付」のことを「原チャリ」「ミニバイク」「原付バイク」「50(ごじゅう)」と呼ばれるわけです。

 

原付自動車(ミニカー)

たとえ排気量が50cc以下であっても車輪の数が4つ以上ある場合は、原付免許では運転できないことがあるので注意してください。

 

一時期流行った原付自動車(ミニカー)などのことですが、これらは普通自動車免許が必要になります。

 

登録や税金

125cc以下の車両も含めて原付は、市区町村の管轄となり、もよりの役所で登録されています。

 

このため廃車の手続きもナンバープレートに表示されている市区町村の役所の窓口で行います。

 

原付の廃車手続きは、陸運事務所や軽自動車協会ではなく、もよりの役場になるということに注意してください。

 

原付の廃車の手続きは非常に簡単で、基本的には費用もかからず自分で手続きができます。

 

まとめ

@原付1種と2種がある。
A排気量で分けられる。
B原付自動車は普通の原付バイクと異なる点が多い。