お世話になった原付の廃車

私の家には交通手段として、自家用車、原付バイク、自転車があります。

 

自家用車以外は本当に古いです。

 

自転車は子供達が高校生時代のものです。

 

35年乗った原付バイク

50ccの原付バイクは家内が仕事に出かけるのに買って乗っていたものですから、かれこれ35年のシロモノです。

 

この原付バイクは途中で家内の友人がバイク好きで一度エンジンを分解し、オーバーホールしてくれました。

 

部品も中古品を見つけてくれて、塗装の禿げている以外はかった時そのままです。新しくしたのはバッテリーだけでした。

 

古くても快調

この原付バイクがまた快調によく走ってくれたんです。

 

子供達3人が帰省で集結すると交通手段が車と原付バイクになります。

 

子供達が帰省したとき、昼間は友人の所に行きたいといい、この車か原付バイクの2台を誰が乗るかで順番待ちになるのです。

 

私たち親が使うのはお盆休み用の買物ですから、どうしても車でなければ用事が足せないものだけでした。

 

帰省した子供が乗った原付バイク

子供が帰省するたびにガレージから原付バイクを引き出して乗っていきます。

 

年に2回ほどの帰省ですから、ガレージに保管している間はたまにエンジンをかけ、バッテリーの充電状態、エンジンのかかり具合などを確かめていました。

 

ついに処分する日が来た

つい先日家内から最近子供達も仕事で帰省が一緒じゃないし、あまり乗らないから、原付バイクは処分しようと言われました。

 

まずナンバーを返し抹消登録しようとというのでナンバープレートを外して役所に返しついに廃車となりました。

 

バイクは出張買取で査定してもらいました。

 

さすがにリユース料がかかると言われてしまいましたが、それも仕方がないでしょう。

 

それで処分もしてもらえるのならいいかと思いました。

 

この原付バイクには長年お世話になりました。

 

ご苦労様でした。でもまだバリバリに走ります。

 

まとめ

@原付バイクでも35年乗れる。
A手入れすれば快調。
B古いとリユース料がかかる。
C処分する手間を考えるとリーズナブル。